業務内容

  • ホーム
  • |
  • サービス案内 ≫ 業務内容

3本柱冷凍魚業務と3代続く乾物加工業務

現在、近藤商店の業務内容は「骨取加工製造」、「フィレ・切身・ドレス・開き製造」、「焼き魚・焼ほぐし身製造」、「乾鮑(干アワビ) 製造」となっております。取引先は、水産加工メーカー約75%、卸問屋・商社約20%、その他取引先様約5%となっております。

水産加工メーカーをはじめとした皆様下記のようなお困り事はございませんか?

  • ラウンド原料やドレス原料以外に、取引先様より加工済製品の依頼が来ている。
  • 人手不足により切り手(切身を切る加工員)が不足している。
  • 切身製品、漬け魚製品を焼き魚製品、焼ほぐし身製品等に高次加工したい。
  • 高齢化社会に伴い、完全骨取商品の需要が高まっている。
  • これからの海外製造リスクに備え、5~10%国内製造に移行したい。

近藤商店はこれらのニーズにお応えします。ぜひご相談ください。

骨取加工製造

弊社は、2017年3月にX線残骨検査装置を導入し、完全骨取製品の製造・販売を開始致しました。自社の強みを生かした技術、骨取り下請製造の経験実績、その他外部環境を考査し、今後は完全骨取製品で品質・価格・サービス共に「日本一」を目指すという大きな目標があります。

海外産骨取切身製品とは未だ価格差はありますが、小ロット出荷体制、幅広い規格・入数の商品提供、リードタイム、商品への対応の早さ等で優位性を高めていく意向です。今後も海外産骨取切身製品に負けない差別化を確立していきたいと考えています。

フィレ・切身・ドレス・開き製造

さけ、さば、ぶりを主にフィレ製品、切身製品を製造しています。腹骨付きの製品からピン骨取の完全骨取製品を製造しています。特に、上記3種は釜石魚市場で水揚げされた高鮮度の原料を早急に加工処理をしています。

委託加工しているさんま、いわしはドレス製品、開き製品を主に製造しており、お取引様のニーズに合わせ、グレーズ工程の有無、背腹開き製造、腹骨有無、尾有無、調味液漬込み、粉付け等も製造致しますのでご要望をお聞かせください。

焼き魚・焼ほぐし身製造

さけ、さば、ぶりを主に焼き魚製品、焼ほぐし身製品を製造しております。スチーム式焼成機の導入により、更にふっくらカリッと焼き上げます。

焼き魚製品は、ホテル、旅館等を主に朝食バイキングで使用して頂いております。業務用10切身パックから使い勝手の良い5切身パック、ロスの無い1切身パックまで対応致します。

焼ほぐし身製品は学校給食を主に販売しています。近年では、残骨率の低さから、ほっけ、あじ、ます等新たな魚種も製造しております。焼ほぐし身製品も1kg、500g、300g、200g、100gといった幅広い規格で対応しております。

乾鮑(干アワビ)製造

創業以来、乾鮑(干アワビ)を長年製造してきました。干アワビの委託加工は70年と長い歴史があります。その輸出先は主に中国・香港です。香港では最高級の食材として確立されており、中華料理を代表する一品です。

その中でも岩手県の鮑は品質、数量に関しても日本一の産出県で吉品鮑(キッピンアワビ)と昔からよく知られ、そのブランド力は香港の干物品の中でも群を抜いています。天日のみでじっくり乾燥させた吉品製法の出来上がりは、色合いは黄金色ともちろんのこと、風味豊かな味わいとなっております。小さな鮑では2ヶ月、大きな鮑になりますと3ヶ月以上の天日干しとなり、一つ一つ心を込めて丁寧に作っております。

※弊社では乾鮑(干アワビ)は製造のみで販売はしておりません。